【青年部会】法人会全国青年の集い

2019年10月8日、大分県にて第33回法人会全国青年の集い 大分大会が開催されました。
年に一度、全国の他単位会が集まるこの大会へ、青年部会の内、次世代を担う幹事会メンバーを中心とした青年部会のメンバー数人で参加してまいりました。
青年部会の役割は、次代を担う子供たちへの正しい税知識の啓発と税の使い道について自分たちで考える機会となるような租税教育活動を行うことであり、いまや全440単位会で完全実施され活動の柱となっています。
今回も全国各地で開催されている地域の特色を生かした租税教育活動において、子供たちにどのように伝えられているか、 その後の子供たちにどのような変化をもたらしたかを検証する場として「租税教育活動プレゼンテーション」や「大会式典」での授賞式、「租税教育活動パネル展示」などが行われ、先進事例を共有していただき、参加者全員で学んでまいりました。

受賞された熊本法人会の先進事例は、夏休み移動教室バスツアーを開催し、ゴレンジャーに扮して子どもたちの関心を上手に煽っていらっしゃって、大人が見ても楽しそうな企画だと感じました。

事例共有の後、アンミカ氏によるリーダーに必要なポジティブ志向、健康経営を題材とした講演を拝聴し、夕刻より本大会の主催である、大分法人会青年部会の豪華なおもてなしを堪能させていただきました。

本大会を経験させていただき、全国の他単位会から刺激を受け、自単位会の青年部メンバーへナレッジ共有させて頂きたいです。
また、全国の他単位会との交流ができたのも大きな刺激となりました。
また来年もさらに深い学びを得られる機会にさせて頂きたいと思います。ありがとうございました。

青年部会広報委員会 委員長  泉 乃梨子