ABOUT

芝法人会について

芝法人会とは

総会
総会の様子

芝法人会は、税知識の普及、納税意識の高揚に努め、税制・税務に関する提言を行い、もって適正・公平な申告納税制度の維持・発展と税務行政の円滑な執行に寄与するとともに、地域企業と地域社会の健全な発展に貢献することを目的とし、その目的を果たすため、事業(税知識の普及・納税意識の高揚を目的とする事業、税制及び税務に関する調査研究並びに提言に関する事業、地域企業の健全な発展に資する事業、地域社会への貢献を目的とする事業 等)を行っています。

私たちの取り組みはこちら 情報公開資料

会長挨拶

会長挨拶
総会での挨拶

私は、税の啓蒙と税知識の普及・促進を目指す者の団体として、発足以来半世紀以上の歴史を持ち、2期目となる「芝法人会の会長」という要職に就任し、改めて、その責任の重さに身の引き締まる思いであります。

当会は、公益社団化して、芝税務署、東京都港都税事務所、東京都、港区と連携した各事業において、高い評価をいただき、着実に成果を積み上げることができました。

上部団体の東法連の中にあっては、模範的な単位会として位置づくことができ、このことが、「全国の法人会との広域連携事業」を牽引する中心の単位会として、携わることが出来ることとなり、転換期と変革期を迎える当会にとりましては、大きな弾みになると考えております。

また、3,255社の会員企業の皆様を、資本金などの企業規模や業種、業態、立地、入会の経緯、などさまざまな角度から、さらに把握し理解に努めてまいります。

芝税務署管内の未加入法人や地域特性、虎ノ門をはじめとします再開発の影響などを、しっかりと把握し、必要な対策、及びPRに努めてまいります。

その上で、私ども芝法人会に求められるサービスや存在意義について検討を重ね、それらにお応えできる法人会組織を目指してまいります。

これからも、諸先輩の皆様が築きあげた「伝統」と「功績」を受け継ぎつつ、新しく就任された役員の皆様とともに、誠心誠意、努力して参ります。

引き続き、会員の皆様、関係行政機関、関係団体の皆様方のご支援とご指導をお願い申し上げます。

令和元年6月6日
公益社団法人 芝法人会
会長 竹ノ上 藏造
【株式会社 第一製版 代表取締役社長】