ORGANIZATIONS

芝法人会の歩み / 委員会・部会概要

芝法人会のこれまでの歩み

昭和56年(1981年)から現所在地(港区芝5-9-5)に事務局を設置しています。2008年12月施行の「公益法人制度改革関連3法案」を受け、2012年4月公益社団法人として新たにスタートしました。

主な沿革

昭和25年 3月
  • 『芝税務法人会』として設立(会員数357社)
  • 事務所を芝税務署(港区愛宕1-3)内に設置
昭和28年 12月
  • 法人会活動の恒久化と公共的な利便を図るため、会館を開設
昭和29年 7月
  • 『芝税務法人会』を『芝法人会』に改称
10月
  • 法人会の全国組織として『全国法人会総連合(略称全法連)』設立
昭和44年 4月
  • 優良申告法人制度がスタート(会員15社が選定される)
昭和45年 12月
  • 芝税務署新庁舎完成(港区芝5-8-1(現庁舎)
昭和50年 5月
  • 『社団法人芝法人会』設立
  • 会員数:6,298社
昭和56年 7月
  • 芝法人会館新設(それに伴い、事務局を「港区芝5-9-5 現会館」に移転)
昭和59年 11月
  • 会員数「1万社」となる
平成5年 5月
  • 全国すべての法人会が『社団化』
平成12年 5月
  • 創立50周年、社団化25周年記念事業開催
平成23年 11月
  • 臨時総会開催
平成24年 3月
  • 東京都知事より『公益社団法人』として認定
4月
  • 『社団法人芝法人会』から『公益社団法人芝法人会』としてスタート

各委員会について

総合委員会

  1. 予算・決算の取りまとめに関すること
  2. 諸規定の整備・運用等、会の総務に関すること
  3. 加入勧奨に関すること
  4. その他会員維持活動の推進に関すること
  5. 他の委員会に属さないこと

広報委員会

  1. 会内外に対する広報活動に関すること
  2. 法人会の知名度向上に関すること

公益事業委員会

  1. 公益事業に関すること
  2. その他公益事業の推進に関すること

共益事業委員会

  1. 福利厚生・共益事業に関すること
  2. 会員企業の経営強化及び交流事業に関すること
  3. 収益事業の推進に関すること

各部会について

源泉部会

源泉部会は、源泉徴収義務者として適正な徴収事務の円滑な実施を促進し、併せて部会員相互の啓発、優良なる徴収義務者の育成と税務行政に協力することを目的としています。

調査部法人部会

調査部法人部会は、東京国税局所管法人を対象として、本会事業の充実強化及び部会員企業の発展に寄与することを目的としています。

青年部会

青年部会は、青年経営者としての資質の向上を図り、租税教育に関する事業及び地域社会の健全な発展に資する事業を実施するとともに、部会員相互の親睦を図ることを目的としています。

女性部会

女性部会は、経営者としての知識と教養の向上を図り、租税教育に関する事業及び地域社会の健全な発展に資する事業を実施するとともに、部会員相互の親睦を図ることを目的としています。